千葉のおすすめサーフィンスポット!初心者向け、女性向けも

千葉は日本国内のサーフィンポイントの中でもメッカと言われています。国内外のサーファーにも愛され、国際的な大会の会場にも選ばれるほど質のよい波が来ることも特徴です。また、都心からも近く交通の便もよいことも多くのサーファーが集まる理由です。

千葉のおすすめサーフィンスポット

千葉のサーフスポットは他県と比べても、混雑度も少なめで周囲ものどかな自然があります。ここでは各サーフスポットについて紹介していきます。

銚子エリア

海水浴場としても有名なエリアです。都心からも車・電車ともに一時間ほどとアクセスもよいです。波の状態も柔らかくゆったりとしているので初心者にも始めやすい海です。自分も、サーフィンを始めたばかりのころは銚子によく行っていました。

九十九里エリア

海水浴や潮干狩りなど家族連れのレジャー地としても有名。各サーフスポットもトイレやシャワー施設が整っているので、気軽に利用できることもメリットです。波の状態は初心者に向いている穏やかな波質で、ローカルルールも厳しくありません。ただし他のエリアと比べると、県内でもメジャーで人気なので混雑は予想されます。人で賑わう時期は、練習場所の譲り合いやマナーを守ることは必要です。

勝浦エリア

他のエリアと比べても混雑も少なく穴場といえます。ポイントによって波の種類も変わり、プロ・アマチュアを問わずサーファーを楽しませてくれます。世界中のサーファーも勝浦の波の質に惚れ込んでおり、そのため世界大会の開催地に選ばれることも幾度もありました。サーフンスクールやゲストハウスなど、サーフィンやその後のレジャーも楽しめるスポットもあります。

鴨川エリア

長い海外線が特徴で水温も温かくサーフィンにぴったりの環境です。冬場でもその暖かさからサーファーが訪れます。鴨川の中でも特に有名なサーフポイントは、「シーサイド」「グランドホテル下」「マルキ」です。マルキはコンテストの会場にもなっています。水流が砂地や岩場にぶつかって、さまざまな形の波が生まれます。波質の違いを楽しめるので、多くのサーファーを魅了しています。

南房総エリア

千葉の南端に位置するエリアです。気候も一年を通して暖かく、冬でも水温は高めです。海は岩場が多い箇所があり、予測できない波の動きを楽しめます。南房総エリアで有名なポイントは「ジェイズ前」「白渚」「千歳」「千倉」です。どのポイントも水量が多く波を多く運んできます。上級者から初心者までを魅了しています。千倉は初心者向けのポイントですが、他3つはパワフルな波が来るので乗りがいがあります。

初心者向けのおすすめスポット

スポットによって難易度は違います。初心者はまず波が穏やかで、周囲に気を使うことなく広めに場所を取って練習できる場所を選びましょう。ここでは初心者でも安心して入れるスポットを紹介します。

【銚子エリア】飯岡

海は全体的に遠浅で、波はゆっくりとしているので初心者でも乗りやすいです。ビーチが広いので他の人に気を使わずに練習できます。ただしテトラポットの近くは波が高くなりやすいため、難易度が上がるので挑戦するエリアには気をつけましょう。一年を通してサーフィンを楽しめるエリアなので、冬場など時期を選ばず練習が可能です。

【九十九里エリア】九十九里浜

波は比較的穏やかなので初心者でも安心して挑戦できます。また海沿いにたくさんのサーフショップが立ち並んでおり、ほとんどのショップがサーフィンスクールを運営しています。そのため初心者にとってやさしい環境が整っているといえます。おすすめのサーフグッズや波の特徴などもきっと親切に教えてくれます。

【勝浦エリア】マリブ

アメリカ・カリフォルニアのマリブビーチに似ていることからこのニックネームがついています。海の環境もきれいで、水の透明度の高さや白い砂浜が特徴です。観光目的で訪れてもその景色が気分を盛り上げてくれます。一年を通して水温が高いので初心者の人でも入りやすい海です。恐怖心をあおられることなく、自分の位置を確認しやすいことも初心者に安心できるポイントです。

【御宿エリア】岩和田

夏場は海水浴場としても有名なエリアです。駐車場からもアクセスしやすいポイントなのでベストシーズン時期は混雑しやすいです。波は大きくはありませんが数が多く、初心者でも怖がることなく乗れます。ゆっくりと練習をしたい人にはおすすめです。

女性向けのおすすめスポット

女性にとっては力が弱くても乗りやすい波、海の雰囲気やトイレやシャワーが快適に使えるかも重要な判断ポイントだと思います。千葉にも女性に対して嬉しいサービスを提供しているサーフィンスクールやショップがあります。またサーフィンだけでなく食事や観光などを楽しみたい人にもおすすめの場所を紹介します。

【九十九里エリア】九十九里浜

女性インストラクターが教えてくれるサーフィンスクールや受講者も女性限定としているところもあります。またサーフィンを楽しんだあとに、女性がメイクができるように更衣室も充実しているサーフショップもあります。サーファーや観光客にも人気のカフェやバーもあり、サーフィン後の休憩にも適しています。

【九十九里エリア】一ノ宮

サーフィンの街として有名で、プロのサーファーから初心者まで幅広く楽しめるスポットが多くあります。形のよい穏やかな波が来ることも特徴です。海岸線沿いにサーフショップやスクールも点在しているので、気軽にサーフィンを楽んだり道具もお得にレンタルできます。重たい荷物やグッズを自分たちで用意する必要もありません。各サーフポイントにはトイレやシャワー設備が整えられているところが多いので、女性も安心して利用できます。

【南房総エリア】南千倉

夏場は海水浴場としても盛り上がるエリアです。遠浅の海なので危険度も低く、海の深さや波の強さに恐怖を感じることなく楽しめます。また浜辺や海の水もきれいでのんびりした雰囲気がある海です。サーフィンの練習に疲れたら、浜辺でゆったり過ごすのにも適しています。周辺にはおしゃれでセンスのよいお食事処もあるので、サーフィン終わりの休憩に利用するのもよいです。

ローカルポイント・シークレットポイント

千葉にはローカルサーファー(その海を活動拠点にするサーファー)に愛されるポイントや混雑も少ない穴場ポイントがあります。ローカルポイント(ローカルサーファーのみ、または優先の海)やシークレットポイント(地元民だけが知っている穴場の海)は利用する上でのルールがあります。ローカルサーファーがこれまで守ってきた歴史やルール、環境を守れるようビジターサーファー(一見で訪れるサーファー)は知っておく必要があります。それぞれの特徴を紹介します。

【外房エリア】片貝

片貝は漁業の街としても有名です。サーファーだけでなく釣りをしに週末には多くの人が集まります。東京からのアクセスもよく車で一時間もあれば到着できます。海の状態は一年を通して質のよい波がきます。ローカルルールもあり、エリアによって使うボードの種類に制限があります。ローカルサーファーもゴミ拾いや環境整備に努めているので、ビジター側も協力しましょう。

【南房総エリア】平砂浦

千葉の南端に位置するエリアです。景色や水のきれいさもポイントで、南国のサーフポイントを感じさせるような空間です。温暖な気候と温かい水温で、一年を通して波にうねりがあります。海外線が広いので練習場所も十分に取れ、混雑度も他のエリアと比べて少ないです。小ぶりの波が数多く来る海で、台風時期でもスリルある波を楽しめます。

【鴨川エリア】マルキ

鴨川は海の他にも水族館や旅館などがあるレジャーポイントとしても有名です。マルキポイントの目の前には駐車場があり、シャワーやトイレなどの設備も充実しています。年間を通してベストシーズンと言っていい海です。初心者でも楽しめる海ですが、岩場や水深が深いエリアもあるので注意が必要です。自分のレベルによって波乗りするエリアは選んだ方がよいです。また岩場が見えるエリアはローカルサーファーや上級者優先になるので、初心者や初めて訪れた人は配慮しましょう。

まとめ

初心者や女性の人がサーフィンを始める場合、安心して行けるスポット選びは重要です。千葉はサーフィンデビューに適したスポットが各地にあるのでおすすめです。自分に合ったスポットを選び、サーフィンを始めましょう

関連記事

  1. 初心者こそ上手くなる!サーフィン合宿のすすめ

  2. 国内のおすすめサーフィンスポット