国内のおすすめサーフィンスポット

日本は海に囲まれたサーフィンに適した土地をしています。各地の地形によって波の性質も違います。今回は各地のサーファーに愛されるサーフィンスポットを紹介します。

おすすめのサーフィンスポット〜関東編〜

首都圏には有名サーフィンスポットが多々あります。都心から通いやすく、手軽に自然の豊かさと良質の波が楽しめることがこのエリアのポイントです。

千葉エリア-九十九里

初心者がサーフィンデビューしやすい海です。穏やかで波質もよく練習しやすいポイントが点在しています。海沿いにはサーフショップやサーフィンスクールが立ち並び、サーファー達の活動を支えてくれます。年中よい波が立つこともあってか、それを求めてプロサーファーの移住も多いです。

千葉エリア-御宿

夏は海水浴場としても賑わいをみせます。年間を通して温暖で水温も高いエリアで、冬でも楽しみやすいです。質の高い波が数多く来るので練習回数もつみやすいでしょう。景観もよく乗りやすい波が特徴ですが、比較的混雑もなく穴場スポットです。

茨城エリア-大洗

大洗は海以外にも周囲を山や川など、自然豊かなエリアです。大会も開かれるほど波質のよい海ですが、千葉や神奈川と比べても混雑度は少なくゆったり場所を取って練習できます。中級者以上向けの海で、潮の干満で波の状態が変わります。そして雨が降ると近隣の川からの流水が多く波も高くなりがちです。

神奈川エリア-鎌倉

有名スポットは七里ガ浜や由比ガ浜があり、海水浴場としても賑わい初心者もデビューしやすいエリアです。人気エリアのため週末や天気がいい日などは混雑します。ただ、鎌倉周辺はローカルルールが厳しいので、よい波が来た場合はローカルサーファーを優先するなどルールとマナーを守ることは必要です。

神奈川エリア-茅ヶ崎

初心者でも乗れる小さな波があり、怖がることなく安心して練習できます。海岸線も広々としているので、比較的のんびりと練習できます。海岸沿いにサーフィンスクールがたくさんあるため、スクール選びにも困りません。県内でも初心者デビューがしやすい海です。

おすすめサーフィンスポット〜東北編〜

東北エリアは他の地域と比べて混雑も少なく、ゆったり場所をとって練習できるエリアが多いです。

宮城-仙台新港

宮城県内屈指のサーフィンスポットです。ベストシーズンは春から秋までで、常に良質の波が数多く発生しています。波は高いことが多く、大人の胸から肩くらいまでになります。台風の時期は波の引き戻しが強いので、初心者や海上でのコントロールに自信がない人は注意しましょう。強くパワフルな波で中~上級者向けの海といえます。

宮城-菖蒲田浜

日本三景の松島に近いエリアです。仙台新港と比べると、波のサイズも少し小さくなるので、初心者にも優しいスポットです。ゆっくりとした波が特徴でのんびり波乗りしたい場合に合っています。干潮時には岩場が出てくるので怪我には注意が必要です。

岩手-浪板

岩手県内のローカルサーファーに愛されるポイントです。幅の広い波が特徴で初心者の練習に適しています。潮の満ち引きで波質が変わり、時にはサーフボードが波に放り出されるほど強い波が来ます。初心者でも基本的に遊べますが、ローカルサーファーへの配慮は必要で、よい波が来たときは譲るなどルールは覚えておきましょう。

福島-北泉

遠浅の海で水質もきれいです。波が長い時間消えないので、遠くまで波乗りできます。初心者でも練習がしやすいスポットです。またロングボードの利用に向いています。海岸も広いので混雑も少なく、波の譲り合いや待ちも短く済むでしょう。過去に数々の大会が行われた海でもあるので、トイレやシャワー、駐車場などの設備が整っています。

福島-坂下

あまり混雑しないスポットで初心者も周りを気にせず練習できます。波が高くなると潮の流れと引き戻しが強くなるので注意しましょう。また、南風が吹く日は波質が格別によくなるので狙い目です。混雑も少ないので穴場のスポットです。ベストシーズンは11~3月なので寒い時期でも練習が楽しめます。

おすすめサーフィンスポット〜関西編〜

東海・関西・四国エリアは日本海側・太平洋側と波質も違うので、それぞれを比較しながら楽しめます。各地の有名スポットを紹介します。

愛知-伊良湖

サーファーの中では知らない人がいないほど有名スポットです。伊良湖はスポットがさらに細分化しているので、レベルに合わせてビーチを選ぶとよいです。一番人気のスポットはロングビーチです。景観がよく開けていて、絶え間なく波が来るので練習の回数もたくさん重ねられるでしょう。

和歌山-奥磯

奥磯はローカルサーファーにとても大切に守られてきたエリアです。ゴミは必ず持ち帰り、浜辺の保全に協力することが大切です。一見厳しいですがローカルサーファーや上級者を優先し配慮していれば十分に楽しめます。波は頭の高さまで来るほどの位置なので、比較的上級者向けのスポットです。腕に自信がついてきたら挑戦する価値のある海です。

和歌山-磯ノ浦

和歌山県の西東に位置するスポットです。普段の波の状態は弱くすぐに崩れてしまいますが、台風時期や低気圧の日は勢いが出て楽しめます。初心者にとっても入りやすい海ですが混雑することも多いので、波の数が少ない時期は順番の譲り合いは必要です。接触事故が起きないように周囲に注意しましょう。

京都-八丁浜

関西で最も有名なサーフィンスポットです。関西各地からのアクセスもよいので大勢のサーファーが訪れます。ベストシーズンは10~3月で主に秋冬時期に楽しめます。この時期海の状態は最高ですが水温は冷たいので、厚めのウエットスーツを準備しましょう。波は高いことが多く大人の胸や肩くらいの高さなので、中~上級者向けです。

高知-生見

徳島県との県境に位置するポイントです。全長500メートルで海外線は広く、周辺ものんびりしていて癒しの雰囲気があります。生見はエリアを3つに分けることができ、レベルに合わせて練習場所を選ぶとよいです。東側はうねりのある波が来るので、チャレンジングなサーファーで混雑します。西側はくせのない小さな波が来るので、初心者に合っています。真ん中は東西を分ける岩があり波を生みやすいですが、岩場は近づきすぎると危険なので注意が必要です。

おすすめサーフィンスポット〜九州編〜

続いて九州・沖縄エリアの紹介です。温暖な地域なので南国リゾートを思わせる、雰囲気のよいスポットが多いです。多くのサーファーを魅了するポイントです。

福岡-釣川河口

福岡県内で最も有名なサーフィンスポットです。落ち着いた波が特徴で、練習するのにも十分な広さがある海です。強い波に慣れていない初心者におすすめです。ベストシーズンは11~2月で冬時期も楽しめます。波が高くなると、沖への引き戻しも強くなるので初心者には注意が必要です。駐車場、トイレやシャワーも設備がしっかり整っているのでサーファーにも人気が高いです。

宮崎-伊勢ケ浜

海水浴場としても国内指折りのスポットです。浜の左右には岬がそびえたって景観もよく海の水もきれいで、全体的におだやかで落ち着いた雰囲気があります。波のサイズも小さく優しいので初心者でも挑戦しやすいです。混雑度も他のスポットと比べて少なく穴場といえます。トイレ・シャワー設備もきれいに整備されているので利用者にとってはその便利さも人気です。

宮崎-金ケ浜

波は少し荒々しいですが、スリルを求めるサーファーにとっては乗りがいがあります。同じ宮崎県の伊勢ケ浜と比べると少々波が高いです。浜辺の場所によっても波質が変わり、勢いやパワフルさを求めるなら岩場付近、落ち着いた優しい波がよければ海の真ん中側に挑戦するとよいです。ローカルルールも厳しくないため、比較的自由に練習できます。

沖縄-北谷

沖縄本島の中で最も有名なスポットです。海の透明度も高く、海外リゾートに来たような異国情緒あふれるエリアです。ベストシーズンは9~3月ですが、一年中温暖なこともあり日本全国のサーファーにも人気です。特に台風の時期や12~3月の北風が強く吹く時期は、上級者のサーファー達がそれぞれのパフォーマンスに挑戦します。

沖縄-米須海岸

那覇空港から30分の本島南に位置するスポットです。海外線が2キロほど大きく広がっており、場所をゆったり使って練習できます。上級者向けの激しい波、小さく優しい波などサーファーのレベルを選ばず練習できるポイントです。ただし台風時期と干潮時は、サンゴ礁がせり出すので注意が必要です。

まとめ

日本全国には魅力的なサーフィンスポットがたくさんあります。ぜひ最初は穏やかな波からはじめて、徐々に難しいスポットに挑戦してみましょう。

関連記事

  1. 千葉のおすすめサーフィンスポット!初心者向け、女性向けも

  2. 初心者こそ上手くなる!サーフィン合宿のすすめ