貸し農園の選び方!初心者にはサポート付き貸し農園がおすすめ!

貸し農園を利用してプランターよりも本格的に野菜を育ててみたい、都心に住んでいるので子どもに土いじりをさせる機会を作りたい、でも初心者なのでどうやって選んだら良いのか分からないと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は貸し農園の選び方について、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

貸し農園にはどんな種類があるのか?

貸し農園には、いくつかの種類があります。まずは、貸し農園の種類とそれぞれの特徴を理解しましょう。

サポート付き貸し農園

経験豊富なアドバイザーが常駐していたり、定期的に講習会が開かれていたりと、野菜作りをバックアップしてくれる体制が手厚いのが特徴です。トイレや休憩スペースなどの設備が整っていたり、芋煮会などの利用者が交流できるイベントが定期的に開催されていたりすることが多いです。サポート体制が整っているので、他の種類の貸し農園に比べると費用は高くなっています。

サポート無しの貸し農園

市町村が運営している貸し農園の場合は、サポートは無しの場合が多く、農具や苗など必要なものも自分で準備しなければならない農園が多いです。しかし自分の好きなものを栽培できて、お値段もリーズナブルなので、野菜作りの経験がある程度あり、自由にやりたい方にはおすすめです。また、サポート付き農園で野菜作りのノウハウを得た後は、こういったサポート無し農園へ移行するのも良いでしょう。

農家が運営している貸し農園

農家の方が自分の農地の一部を貸し出している場合があります。その1区画を貸してもらい、野菜作りをすることができます。中には自分で何を栽培するか決められない場合がありますが、農家さんから指導をしてもらいながら育てることができるというメリットがあります。お値段も、サポート付き農園よりはリーズナブルなことが多いです。

初心者の方は、サポート付き農園がおすすめ

サポート付き貸し農園の場合、初心者に嬉しいサポートが沢山あり、それらのサービスはすべてレンタル費用に含まれています。そのため費用は他の農園に比べ高額になりますが、全くの初心者であればサポートを受けられるというのは最大のメリットです。せっかく農園を借りたのに、思ったとおりに収穫できなかったなんて残念なことにならないように、初心者の方には「サポート付き農園」がおすすめです。ここでは、もう少し具体的に受けられるサポートの内容を確認していきましょう。

農具などの道具

野菜を育てるためには、シャベル等の農具や、野菜が伸びてきた場合に支えるための支柱、虫よけのネット、さらには重たい肥料等、意外と多くの物が必要になります。しかし、そういった道具をすべて揃えるとお金がかかってしまいますし、持ち運ぶのは大変ですよね。
サポート付の貸し農園だと、多くの場合そういった心配は必要ありません。貸し農園でそれらの農具等が準備されていて、使用することができるので、手ぶらで通うこともできます。

水やり

貸し農園で野菜を育てる場合、「毎日通えないから水やりが心配」という方も多いのではないでしょうか?
農園の場合、プランターでの家庭菜園と違って、水やりはそこまで心配する必要はありません。土の場合は、地下にある程度水が蓄えられているため、プランターのようにこまめに水やりする必要は無いのです。水やりは、週1回程度で問題ありません。
また、中には週1回も通うことが難しい方のために水やりのサービスがサポートに含まれている貸し農園もあります。ご心配な方は、サポート内容に水やりが含まれるかどうかを確認しましょう。

専門のアドバイザー

サポート付き貸し農園の場合、専門のアドバイザーの方が常駐されていることが多いので、気軽に相談をすることができます。初心者の場合、育てている野菜の成長が心配になったり、色が変色してしまったり、虫がついてしまったりした時に、どうしたら良いのか分かりませんよね。そんな時に、専門のアドバイザーに相談できるのはとても心強いです。ぜひ、専門のアドバイザーがいる貸し農園を選びましょう。
さらに、可能であれば、もう少し踏み込んでアドバイザーがいる日数や時間帯を確認しておくといいでしょう。アドバイザーが常駐しているといっても、週に何日来ているのか、1日のうち何時までいるのかは、農園によって様々です。もし平日しかアドバイザーがいなかった場合、週末に農園に行ってもアドバイザーに会えることはありません。自分が利用する予定の曜日や時間帯にアドバイザーがいるのかを押さえておくと安心です。

講習会やイベント

サポート付き貸し農園では、定期的に野菜の育て方の講習会が開かれているところがあります。講習会では実演で野菜作りについて学ぶことができるので、初心者には嬉しいサービスですよね。また、講習会の他に、例えば秋には焼き芋、冬には鍋といった季節を感じることのできるイベントが開かれているところもあります。農園で収穫した新鮮な野菜をその場で食べることができるのも嬉しいですね。
このような講習会やイベントに参加すれば、利用者同士の交流も楽しむことができます。
せっかく農園を借りるのであれば、他の利用者の方と交流してみたいとお考えの方は、講習会やイベントの実施があるかどうかを確認しておくといいでしょう。

費用について

これまで、貸し農園の種類やサポート付き貸し農園で受けられるサポートについて、ご紹介してきました。ここでは、実際に貸し農園を借りて野菜を育てる際に、費用がかかるものについてご紹介します。

月々の利用費用

貸し農園の月々の利用費用は、基本的に利用者ごとに割り当てられた1区画の利用料です。サポート付き貸し農園の場合は、その費用に様々なサポートサービスが含まれた費用になっているので、7000円~10000円くらいのところが多いようです。サポート付きでない場合は、5000円程度のものからあります。農園によっては、他にも入会金などの費用が別途かかる場合もありますので、ホームページなどで確認しましょう。

苗や種、肥料

野菜を育てる場合、まず苗や種を準備しなければなりませんね。サポート付き貸し農園の場合は、苗や種、肥料の費用も込みになっていることが多いです。サポートのない農園では、苗や種、肥料を販売しているところもありますが、自分で購入して準備する必要があるところもあります。

道具や資材

苗や種の他にも、スコップ等の道具や支柱、虫よけのネット等の資材を準備する必要があります。サポート付き貸し農園では、これらの道具や資材は自由に使えるところが多いです。自分で準備する必要がある場合は、農園で何が借りられて、何を購入する必要があるのかを事前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

ここまでご紹介してきたとおり、初心者の方はサポート付きの貸し農園がおすすめです。費用だけを見ると割高に感じるかもしれませんが、道具類の使用料やアドバイザーなどの様々なサポートを考えるとお得で楽に始められるのではないでしょうか。
今年こそは思い切ってプランターでの家庭菜園を卒業して、貸し農園で気軽に農業体験を楽しんでみませんか?